防水工事

防水層が建物の寿命を延ばしている 雨水は、どんなに小さな隙間からも建物の内部に入り込んでしまいます。防水層がなかったとしたら、雨水だけでなく大気中の排気ガスでさえも建物を傷めることになります。屋根・外壁のメンテナンスはもちろん、防水層のメンテナンスも必要です。

外気温を内部に伝えない
「クッション役」を担っています。
「防水」は、外部からの水の浸入を防いでいるだけではありません。
窓に水滴が出来るように外気と室内の温度差があると、建物内部にも湿気が発生してしまいます。
防水層は、蒸気を逃すよう工夫されている上、外気や太陽光と建物との間でクッション役となる事で断熱・遮熱の役割も担っているのです。

住まいを長持ちさせるのに欠かせない防水工事

建物の表面に、水を通さない・浸透させない防水層を造るのが防水工事です。 建物の寿命を永くするには、漏水を防ぎ、構造躯体を水から守ることが重要です。 漏水は天井の染みや悪臭、腐食などの原因になります。 防水工事でそのようなトラブルを防ぐことができます。

防水の種類

  • FRP防水

    FRP防水は、強度が大きく耐久性に優れたFRP(繊維強化プラスチック)を防水分野に応用した工法で、軽量かつ強靭で耐水性・耐食性・耐候性い優れていることが特長である。
    FRPは屋上などで真夏に強い紫外線にさらされたり、冬場の低温や真夏の高温にも十分対応できる。

  • シート防水

    Fシート防水とは、シート防水材(合成高分子材)などを繋ぎ合わせていく工法。 シート防水単体としての引っ張り強度や引き裂き強度はありますが、 シートを繋ぎ合わせた箇所の強度は非常に弱く、 年数経過とともに圧着下部分に剥がれや浮きなどが発生する。 屋上などで蟻一匹位の穴があっても水漏れは発生する。

  • ウレタン防水

    ウレタン防水とは、塗膜農水のことである。防水塗料を塗り重ねて防水の厚みをつけます。 一般的に補強シートなどを下地に使用し、その上からウレタン樹脂を塗布していく工法が主流。 ウレタンはゴムであり、屋上などで真夏に強い紫外線にさらされたり、 冬場の低温や真夏の高温による繰返しでウレタンゴムが劣化する。

防水工事が必要なバルコニー

建物から外接して張り出した部分。床が防水処理してあるものと、板敷きとなっているものの大きく2種類に分かれる。 直接日射当たる上、屋根が無く雨掛かりとなっているものも多いため、定期的な診断が必要である。 特に、バルコニーと外壁の接する部分、床の防水処理の2点で注意が必要である。

メンテナンスしないとどうなる?

建物の表面に、水を通さない・浸透させない防水層を造るのが防水工事です。 建物の寿命を永くするには、漏水を防ぎ、構造躯体を水から守ることが重要です。 漏水は天井の染みや悪臭、腐食などの原因になります。防水工事でそのようなトラブルを防ぐことができます。

FRP防水の膨れ・浮き・割れ

原 因 衝撃で損傷し、水が侵入。劣化により雨水の侵入・下地の損傷。2重張り下地の重ね部分が同じ箇所にあるため割れが生じてくる。 ドレン廻りの防水層の不良による下地の損傷。

メンテナンス方法 定期的に確認。 この現象が起きてからでは手遅れの可能性が高いため、定期的にFRP 防水工事を行う方が長期的にみれば安全。 割れに関しては下地補修からの施工となる。

シート防水の膨れ・浮き

原 因 衝撃で損傷し、水が侵入。劣化により雨水の侵入。2重張り下地の重ね部分が同じ箇所にあるため割れが生じてくる。ドレン廻りの防水層の不良による下地の損傷。

メンテナンス方法 定期的に確認。この現象が起きてからでは手遅れの可能性が高いため、定期的にFRP 防水工事を行う方が長期的にみれば安全。割れに関しては下地補修からの施工となる。

ウレタン防水の膨れ・浮き・ひび割れ

原 因 紫外線などによる経年劣化によりひび割れがはっせいし、雨水が侵入する。下地が濡れている状態での施工が原因で膨れや浮きが発生する。

メンテナンス方法 定期的な確認と防水工事を行う方が長期的に見れば安全。
下地の割れも補修すること。

ベランダの劣化事例

FRP防水

現在、ほとんどの住宅のベランダ床は「FRP防水」です。

今から30年〜40年程前は、住宅の屋根・屋上はトタン・アスファルト・ゴムシートなど色々な方法・材料で防水されていました。今日では、FRP防水という夢のような防水が可能となりました。FRPはガラス繊維なので、指でたたくとコンコンと音がするのですぐに分かります。触って柔らかいのはゴムシート・ウレタン防水などです。

FRP(ガラス繊維強化プラスチック)技術が生んだ防水の最高傑作。
強靱性に優れ、下地の形状にかかわりなく、完全な防水層を形成します。

不飽和ポリエステル樹脂をガラス繊維マットの補強材と一体化して、剛性、硬度、耐候性など抜群の防水性能を発揮します。 下地の形状に関係なくシームレスに仕上げることが可能です。耐荷重、耐摩耗、耐衝撃性に優れており、耐薬品性、耐水性にも富んでいます。

アイジーコンサルティングは、
耐久性・施工性を考慮し「FRP防水」を推奨しています。