お知らせ

【ハネアリ情報】各地でイエシロアリの群飛が確認されています(7/11更新)

haneari -2.png

※このページでは、2017年のイエシロアリの群飛状況について、最新の情報を随時お知らせいたします。

6月~7月は、イエシロアリのハネアリが群飛します。
以下の地域でハネアリ群飛が確認されています。ご注意下さい。

7月2日   午後  静岡県浜松市西区
6月25日 午後  静岡県御前崎市
6月21日 夕方  静岡県湖西市
6月19日 夕方  静岡県掛川市





6月~7月は、イエシロアリのハネアリが群飛します

イエシロアリは、6月~7月蒸し暑い日夕方から夜間にかけて、
ハネアリが一斉に飛び立つ「群飛」という行動をします。
成熟したコロニーの2%~10%がハネアリとなり、別の繁殖地を求めて巣立つのです。

ハネアリが出ている場合、コロニーが一定以上の規模に発達しており、
シロアリの喰害が進行している可能性が非常に高いです。
また、出てきているハネアリだけを駆除しても、喰害を止めることはできません

アイジーコンサルティングでは、無料の床下点検を受付中です。
現調を踏まえ、1件1件の住宅に最適なシロアリ駆除・予防施工をご提案します。


▼シロアリ駆除・予防工事のサービス紹介ページはこちら
駆除・予防 シロアリ防除



【お役立ち情報①】こんな場合は、床下点検が必要です


□1年以上、床下の状況を確認していない
□シロアリ保証期間が終了している
□保証期間が分からない
□住宅のリフォームをしている
□リフォームの計画がある


>> ひとつでも当てはまったら...

tenken mousikomi.png


【お役立ち情報②】ハネアリが出てきたらどうする?

【注意】市販の殺虫剤は使わないでください!

市販の殺虫剤にはシロアリを忌避する成分が含まれていますこの成分によってシロアリが別の場所へ移動し、被害を広めてしまう可能性があります。また、駆除処理の確実性も低くなってしまいます。出てきてしまったハネアリは掃除機で吸い取るなどして、シロアリを刺激しないようにご注意下さい。


▼動画で対策をチェック



【お役立ち情報③】イエシロアリってどんなシロアリ?




<イエシロアリとは?>

世界のシロアリの中でも最も加害の激しい種類で、建造物や生立木に大害を与えている。
建築物や切り株、樹幹などの地下部や地上部に特別に加工した塊状の巣を作り、
そこから蟻道を延ばして周辺の建築物や木材を加害する。

水取り蟻道を通して水を運ぶ能力があり乾燥した小屋組のような場所でも
湿らせながら加害するので、加害範囲は建物全体に及ぶ
古材よりも新材を好んで加害する。
最近では鉄筋コンクリート建物の地上部分でも被害が増えている。
温暖化の影響もあり、活動範囲は海岸線から徐々に北上している。

※(公社)日本しろあり対策協会発行『しろあり及び腐朽防除施工の基礎知識』より抜粋


>> これってシロアリ?悩んだらまず調査!
tenken mousikomi.png

TEL 0120-37-6451